忙しくても洋裁したい!同時に何着か作って効率化しよう!

毎日忙しくて、なかなか洋裁の時間を取れない!って方いるのではないかと思います

私も、休みになったら疲れ切っていたり、用事があったりで、

作りたい服はたくさんあっても、時間が取れない時期がありました。

そこで、10年ほど前、シャツがあんまりなくて、たくさん欲しかった時に、

同時に四着作って、時間短縮しよう!とやってみました

ベースは同じシャツのパターン(型紙)で。

ソーイングのコツー効率化1番号あり
  1. 半袖・前見頃のみタックを入れる(白)
  2. 長袖(白)
  3. 半袖(白×グレーのチェック)
  4. 半袖(白×黒のギンガムチェック)

たぶん数か月くらいで、四着出来たので、なかなか効率化出来たと思います。

四着を一着ずつ作っていたら、一年くらいかかっていたかもしれません・・。

シャツは特に衿付けが苦手なので、まとめて作る事で、だいぶ最後の方はきれいに出来るようになりました。

レモン
レモン

シャツなんて、数年に一度くらいしか作らないから、なかなか慣れないもんね~

長くなりましたが、

今回は、「忙しいけど、洋裁したい!」って方に向けての記事です

作り方

例えば2着同時に作るとします。

同時進行、つまり、同じ工程を2着分同時に行うだけです。

裁断はまとめて2着分して、

接着芯も2着同時に貼って、

衿も2着分同時に縫う・・・。

同じパーツを続けて縫うと、も慣れて、2着目はきれいに縫えたりします・・笑。

レモン
レモン

失敗が少なくなるってとこもいいね!効率よくできてるって事!

条件

同じパターン(型紙)を使う

別に違う形のパターンを使ってもいいと思いますが、より効率化するなら、同じ形にしましょう。

それは、一度縫うとコツがつかめて、二着目以降縫う時にとてもスムーズに縫えるからです。

あと、私は洋裁本をいちいち確認しながら、縫い進めてますが、

同じ形だともう二着目以降のパーツを縫う時には、もう本を見なくて済むのです。

レモン
レモン

洋裁本って理解するのに、時間かかるもんね!見なくて縫えるのは楽チン!

同じミシン糸を使う

糸替えをしなくていいように、同じ色のミシン糸で縫える生地にしましょう

今回の四着は、白・白と黒のギンガムチェック・白とグレーのチェックの生地だったので、白のシャッペスパンで縫いました。

レモン
レモン

ちなみに今回の生地は全て、日暮里繊維商店街の「安田商店3丁目店」さんで買いましたよ~

一度作った事のあるイケてるパターン(型紙)を使う

これは当たり前ですね。

作った事もないパターンを2着も作るなんてギャンブルはしない方がいいです。

一度作って、「もうこれ私の体にぴったり!」っていうパターンで挑みましょう!

注意点

糸調節をしなくていい生地を選ぶ

色は同じでも、生地が厚いのと薄いのでは、糸調節が必ず必要になるので、避けましょう

今回私は全て麻で同じような厚みの生地にしました。

生地の材質・厚みは同じようなものを選びましょう

レモン
レモン

糸調節は嫌~い!!

待ち針を多めに用意する

パーツが多いパターンだったら、足りなくなるかもしれません。

ちなみに、私は下のシルクピンを20年前から使ってます。

シルクピン

曲がったり錆びたりして、結構補充しているはずなのに、なかなか無くならないなぁと思っていたら、これ、2000本近く入っているみたい・・・。

こりゃ、おばあちゃんになるまで待ち針は買わなくて良さそうです。

レモン
レモン

ちなみに、待ち針の名前の由来は、縫い糸を待っているから「待ち針」らしいです(諸説あり)。なんて健気な・・・

まとめ

今回のやり方は、

時間がなくて、服もたくさん欲しいって人にオススメします!

楽しみながら、効率化できますように!

ソーイング楽しみましょう!!!

ソーイングのコツー効率化1
ソーイングのコツ効率化2
後ろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました